本日配信開始最新作初撮り人妻ドキュメント 柏原友美恵 四十三歳 柏原友美恵初脱ぎ人妻四十路中出しインタビュースレンダー熟女HD(ハイビジョン) セレブな美人奥様はデカマラがお好き 「綺麗な奥様」という言葉がこれほど似合う女性はもめずらしい。柏原友美恵さん43歳。結婚17年目の専業主婦

ソクミルスタッフ厳選!スタッフがおすすめするアダルト動画

  • 新着順
  • 48人


    AVライター 東良美季

    セレブな美人奥様はデカマラがお好き

    「綺麗な奥様」という言葉がこれほど似合う女性はもめずらしい。柏原友美恵さん43歳。結婚17年目の専業主婦。16歳の女の子と14歳の男の子のお母さんでもある。インタビュアー役も兼ねた男優の堀尾宏樹が、開口一番「お若いですね!」というほど若々しく美しい。日々ヨガスクールに通ってそのスタイルと美貌を保っているという。イメージシーンで眼を惹く高級ブラ&パンティセットがお似合で、毛先を軽く巻いたセミロングの髪もエレガントでセレブ感が溢れる。ハダカになるとヨガで引き締められた肉体に贅肉の寸分もなく、乳房は小さめだが形がよく実にセクシー。スポーティーなスキニージーンズに着替えてのベッドインでは、清楚な顔に似合わぬねっとりと舌を絡ませるイヤらしいキスから始まり、「こういうのは好きですか」とちょっと強めに乳首を摘まれると、「好き」と切なく答える表情もエロい。お尻の穴まで舐められる執拗なクンニには「ウン、ウン」と色っぽく歔き、自分で陰唇を開くよう誘われ、ズボズボ出し入れされる指マンでは「アンッ、ダメ、気持ちいいッ」と絶叫でシーツをびっしょりにする潮吹きを披露。ビンビンにオッ勃った堀尾自慢のデカマラを見せつけられ、「おっきい」「誰と比べたんですか?」「主人と」「悪い人ですねえ」という会話も艶っぽく、そのビッグサイズをバックからブチ込まれるとお尻の穴までヒクヒクさせて歓ぶ。立ちバック、騎乗位と楽しみ、ラストは膣内にタップリとザーメンを注入された。

    27人


    AVライター 東良美季

    AVでセックスを勉強したいとピュア美人

    松山早苗さんは結婚10年目の専業主婦。現在35歳で6歳の男の子のお母さんというがとても見えない。「若い」というより「幼い」雰囲気。それもそのはず、出演の動機がセックスの経験がご主人だけなので、AVに出て勉強して旦那様を歓ばせたいという。ハートなピュアな女性だから、外見も純粋無垢なのだ。しかしパッケージを見てもらえればわかるように、ニットのセーターを突き破らんが如きEカップ巨乳。サイズは「お尻も大きくて恥ずかしい」というB90W67H98。ご主人は真面目なのか淡泊なのか、体位は正常しかしてくれず、回数もどんどん減って、ココ数カ月はセックスレス。性欲が溢れ出す早苗さんはエロマンガやエロ動画で週5回はオナニーの日々だとか。ハダカになるとまさに「美味しそうなカラダ」。肌のキメが細かくすべすべで、張りのいい釣り鐘型の巨乳はハチ切れそうだ。ベッドインでは「夫のためですが、やっぱり罪悪感は少しあります」と言いつつ、自分から舌を絡ませる積極的なキス。淫らなまんぐり返しの恰好をさせられ指マン、恥ずかしがりながらもどんどん感じていく様は「可愛い!」の一語。男優氏にそそり勃った男性を見せつけられると、「スゴイ、おっきい」と嬉しそうに握りしめ、「とっても興奮してます。舐めてもいいですか?」と、動画を観て勉強したというフェラチオを懸命に披露。おしゃぶりでタマらなくなったようで「欲しい、入れて欲しいです」とおねだりしてズッポリと挿入。大きなお尻を突き出してのバック初体験には「嬉しいです」と歓び、騎乗位では下から突き上げられ、「ああ、気持ちいい、イッちゃう」と絶頂に。最後は濃厚な大量精液を膣内で受け入れた。

    35人


    AVライター 東良美季

    息子の友人にセックス調教される三十路美女

    大学生の和也は愛子(栗林愛子)の息子・宏志と幼なじみ。今日は半年ぶりに遊びに来た。「まあ、和也クン、ずいぶん大人っぽくなったわね」と言うと「小母さん、相変わらずお綺麗ですね。ああ、キンチョーするなあ」と調子のいいことを言うひょうきん者だが、内心彼はサマーセーターを突き破らんが如く膨らむ、友人の母の美乳に魅了されていた。一方、愛子の方は悩みを抱えていた。夫が仕事の忙しさでもう1週間も家に帰って来ないのだ。電話すると今夜も帰れないという。。三十路女の肉体は欲求ではち切れそうだ。ベッドでバストを揉み、クリトリスを擦ってオナニーに耽った。すると後日、不意に和也が訪ねきた。「あら、宏志なら今日はバイトよ」と告げるものの、「今日は小母さんに用があって」と上がり込む。実は先日、和也は愛子のオナニーシーンを目撃していたのだ。「旦那さんが帰って来なくて寂しいんですよね。僕なら小母さんを慰めてあげられると思うんだ」と押し倒してキス。「離してお願い、やめて」と懇願するも、疼く乳房を情熱的に揉まれると抵抗出来ない。パンティを脱がされクンニされ、和也の若くそそり勃った男性を見せつけられると思わず愛しく頬張ってしまった。そして遂には雄々しいセックスに狂わされてしまう。「こんなことが宏志や夫に知られたら」と案じる愛子だが、実は若い性に魅了されていたのは彼女の方だった。次に和也が遊びに来ると宏志に買い物を頼み、2人切りになったところで彼を寝室に誘うのだった。2020年11月『初撮り人妻ドキュメント』でデビューした栗林愛子さんは本作が2本目の新人熟女さん。35歳という年齢に似合わぬ可愛いフェイスとエッチなカラダが魅力の注目株だ。

    10人


    AVライター 東良美季

    日本全国ポッチャリ熟女マニアの女神が自宅に光臨!

    2008年『厳選奥さまシリーズ
    猛乳Hカップのおばさん』(センタービレッジ)でデビュー以来、全国のポッチャリ熟女マニアたちを夢中にさせ続けている折原ゆかりさん。そんな彼女がセンタービレッジのHPで商品を注文してくれたお客さんに、自身で届けにいくというドッキリ企画。同行のスタッフが電話で在宅確認、今か今かとDVDの到着を待っている男性の前に、バスト102センチ・Hカップ爆乳の本物が突如現れるのだ。ファンにはタマらないプレゼントだ。一人目は大学生風の若者で、「ホントにファンで、いつもお世話になってます!」と出演を快諾。いかにも一人暮らしのワンルームマンション。ソファーなどもないのでベッドに並んで座る。早速ゆかりさんから「どう? イヤじゃなければ」とモーション。巨大なオッパイを揉ませると、「スゴイ、夢みたいです」と赤ん坊のように夢中で吸いまくる幸せな青年。顔面騎乗で花園を舐めさせ、フェラチオからパイズリ。騎乗位で合体、最後は幸せな中出しまで。二人目のはDVDではなくセンビレオリジナルのオナホ「肉厚菩薩」の購入者だが、白髪の中年男性で、「デビューされてからずっとファンで、もう12年です」という筋金入りだ。オナニーを見せつけ、ビンビンにさせてから「肉厚菩薩」を使用。もちろん優しいゆかりさんはそれだけじゃ終わらず、「せっかくだからお口で気持ちよくさせてあげる」とフェラチオと手コキ、巨乳に擦りつけてフィニッシュ。3人目は細身で気弱そうな青年だが、聞いてみるとナントまだ女性経験がないという。「私が初めての相手になっていいのかしら?」「もちろん、最高です!」と、憧れの折原さんと大感激の童貞喪失へ。

    69人


    AVライター 東良美季

    神ボディの美尻娘とノーパン出社のドM銀行員

    レースクイーンやイベントコンパニオンを実際にやっていた経験のあるAV嬢に、キャンペーンガールのコスプレをさせ、カンパニー松尾監督が熟練の超絶ハメ撮りをキメる人気シリーズ。登場するのは2人だが、「HMJM」の「Glamour(グラマー)」レーベルなので、スタイル抜群は保障済み。まずは三浦るいさん23歳。「爆乳・くびれ・デカ尻」という三種の神器を持つ逸材と紹介されるだけあってまさに神ボディ。T163B96HW56H91という完璧なサイズに、「Hカップ(65)になります」と誇らしげに語るオッパイの張りは驚異的で、大きめの乳輪もイヤらしい。まずは〈RUI

    FELLA〉といテロップで、ベッドに仰向けに寝たブリーフ一丁の男優クンにのしかかってねっとりベロキスから始まり、ハイレグ水着で顔面騎乗。「美味しい?」と舐めさせフル勃起させてからジュルルーとエッチな音を立ててフェラ、そのとき松尾監督のカメラは背後から狙うのだが、突き出したお尻の丸みはまさに芸術的。続く〈RUI

    FUCK〉ではレースクイーン仕様のエロ水着に身を包み、バックからズボズボと突いてバストに発射。自分から嬉しそうにお掃除フェラする性格良し子ちゃんでもある。後半の城山若菜さんはEカップでサイズはT167B82W59H93。ただしこの人の場合はその素晴らしい肢体よりも私生活が驚愕。元々は銀行に勤めるOLだったが、SMのご主人様がいて「ノーパンで出社しろ」と強制、AV出演も彼の命令だが、すべてに従順なマゾ美女なのだ。白昼のシティホテルにイン。窓辺に手を付いてお尻を突き出させ、松尾監督もドSチックに迫っていく。

    63人


    SOD女子社員 浅井心晴

    AV界に舞い降りた聖母マリア様!!

    人妻レーベルの人気シリーズ。「連続セックス朝生活」!。今回は美人人妻綾瀬さん!
    セット前の少し乱れた髪、動きやすさ重視で露出度の高い服そしてエプロン…。
    いいお母さん感がものすごくでています!手際よくゴミ出しし、料理を作る綾瀬さん。
    「ああぁ、綾瀬さんと家族になれたら」そう思うこと間違いなし!即ハメしてくる家族にも少し怒りながらも優しく受け入れてくれるその精神そして、息子たちのチ〇ポに恥じらいながらも感じてしまう表情。AV界に舞い降りた聖母マリア様!!
    熟女といわれる年にもかかわらず引き締まった体そしてハリのある胸とお尻!エロいです…。激ピストンの度に乱れる前髪もそれをかき上げる仕草も!我らのムスコを朝から起こしてくれます!
    連続セックス朝生活!自分を中の人に重ねてぜひ楽しんでください!

     
    97人


    ナベ

    紗倉まなちゃんにこっそり痴女られる4シチュエーション。宅飲みで他の友人たちが寝てしまった中で…というシチュエーションがリアルで好きでした。バレたらヤバい状況でささやくように言葉責めされながら手コキや乳首舐めされるというシチュエーションが期待以上にイイです。後最後のオフィスでのシーンでは輩OLに責められる展開なわけですが、先輩の激ピストンに耐えられず「私が声でちゃう…!」という形勢逆転なシーンもエロかった。声が出せないというシチュエーションだからこそ、まなちゃんの細かい仕草や吐息まで堪能できる作品になっているんじゃないでしょうか!

    99人


    ナベ

    視線がたまらんこっそり誘惑

    すぐそばに彼女がいるにも関わらずまひろちゃんの誘惑に屈して中出しセックスしてしまうという背徳感がたまらん!爽やかなパッケージ画像からは想像もつかない、いい意味であざとい小悪魔誘惑に完全にヤラレました…!■視線だけで「この娘オレに気があるのでは…!」と思わせてくれるまひろちゃんの目力が素晴らしいです。基本的に主観モノなのでカメラ目線のまひろちゃんとバッチリ目が合うわけですが「これは誘惑に負けても仕方ない」と思わせるパワーがありますね。抜群にカワイイです。■ちょっとしたことですがセリフの端々で「セフレにして」「浮気願望ってあります…?」「(結婚しても)時々セックスだけはして」など、けして二人の関係をぶち壊して本命の彼女になろうとしていないことを感じさせてくれるのがまたエロいというか、徹底して男にとって都合のいいエロ美少女を演じてくれたまひろちゃんに拍手。この手の作品でよくある「最後は彼女にバレて怒られる」というようなシーンが無いのも個人的に好きでした。■こっそり系シチュエーションが好きな方は激オススメ。とりあえずサンプル動画観てみてください~!

     
    89人


    AVライター 東良美季

    美人熟女と美少年男優の魅せる純愛相姦物語

    母と息子の、切なくも美しい純愛物語である。ヒロインの里枝子(平岡里枝子)は長年仕事一筋の夫を支えながら子育てをして来た。しかしそんな一人息子の邦彦も就職して3年。仕事が評価され、海外支社の幹部として出向することになった。彼は父が不在がちで、母が寂しい想いをしていたのをずっと見ていた。そして自分もまた日本を離れてしまうのだ。最後せめてもの想い出にと、母との温泉旅行を計画したのだ。物語は宿へと向かう道すがらから始まる。「ごめんね、母さん、僕までいなくなって寂しくなるね」と邦彦。「いいのよ。立派になって帰って来るのよ」と無理して微笑むその横顔。彼はいけないと思いつつ、そんないつも優しく健気な母を、いつしか一人の女性として見るようになっていた。まずは露天風呂に浸かることになるのだが、ココで見られる平岡里枝子さんの素晴らしい肉体に眼を奪われる。実年齢は45歳とのことだが、まったく垂れることなくパンパンに張った形の良い乳房。それに加えギリギリで贅肉にはならない、ほどよく脂肪の付いた女性らしいウエスト。そんな母の湯上がり姿に邦彦はときめく。演じるのが美少年男優として知られる上原千明というキャスティングもいい。夕食は鍋を挟んでビールで乾杯。寂しさを抑え込んでいたのだろう、母は酒が進み酔いつぶれてしまう。布団の敷かれた隣の部屋に抱いて連れて行く邦彦。浴衣の裾がはだけ、パンティまで無防備にも丸出しになっている姿にもう欲望を抑えきれなかった。思わず母の股を大きく開かせ、憧れの花園へと指を伸ばしてゆく。

    51人


    AVライター 東良美季

    人気の美人熟女AV嬢の魅せる究極のNTRプレイ

    2016年熟女メーカーの最高峰「溜池ゴロー」からデビュー。以来「マドンナ」「アタッカーズ」と人気レーベルの専属女優として活躍する並木塔子。今最もエロスが発散されている彼女の魅力が、120%堪能出来る背徳のレトラレAVである。物語はこうだ。売れっ子経済評論家の森山は全国を講演で飛び回る忙しい日々。若い妻の塔子(並木塔子)をなかなかかまってやれない。そこで今回は講演が早く終わる予定のなので彼女を同行させ、宿も温泉を取ってサービスすることにした。それらすべての段取りをまかなうのは秘書の本田だ。真面目な青年で森山の信頼も厚い。その日も宿に着き「どうだね、君も一緒に露天風呂に浸からんか」と誘っても、「いいえ、私は部屋に戻って、今日の先生の講演を論文にまとめさせて頂きます」と固辞する。「そうかね」と一人温泉へ。気持ちの良い湯に浸かりながら「本田くんには本当に頑張ってもらってる。今度、彼に時計でも買ってやろうかなあ」と呟く。しかしそんな頃、部屋では湯上がりで一段と色っぽさを増した浴衣姿の塔子が、意味ありげな微笑みで本田を見つめていた。そして狂おしく舌を絡ませるキス。そうこの二人は密かにデキていたのだ。「最近あの人の出張が少し減って、本田クンに逢えなくて寂しいわ」と塔子。寂しいどころか亭主が居ない方が若いこの男と楽しめてよかったようだ。本田の方も「本当にスケベな人だ」と浴衣の裾をはだけ、パンティを脱がし花園をイジりまくる、塔子もたまらず本田のズボンを脱がしてフェラチオ。激しいセックスは本田がザーメンを彼女の乳房に出して終わる。「どうして中に出してくれなかったの?」とすねる塔子に、本田は「ボクの精子まみれで夫婦円満を演じてください」とさらなるNTRプレイを命じるのだった

    42人


    AVライター 東良美季

    筧美和子似のセックス大好きハイレベル美女

    小林真保さんは32歳。白いブラウスに膝下丈のサブリナパンツがよく似合う、爽やかな笑顔の奥様。結婚5年目の専業主婦と言うが、顔立ちはタレントの筧美和子に似た、主婦にしておくのはもったいないワンランク上の美女だ。しかも「なぜAVに?」と問われると、ズバリ「セックスが好きなんです」。何しろ彼女、高校生の頃に好きだった先生に卒業後会いに行き、校内の準備室で立ちマンSEXを決め、「最後はお口に出してもらいました」と語るスケベ猛者なのだ。身長165センチで贅肉の寸分もないナイスバディ。ハイレグ水着の日焼け跡もセクシーで、お椀型のカタチのいい乳房に、小さめの上品な乳輪と乳首はまさにAV女優になるために生まれたかのよう。清楚なスカート姿に着替えたところで男優さん登場。舌を絡ませるキスから始まると、「キス、好きでしょ、スケベですね」と即見抜かれてしまうエロポテンシャルの高さ。乳房を揉まれながら脇の下の舐められると、それだけでパンティには既に愛液が染み出す感度。まんぐり返しの恥ずかしい恰好でクンニされ、「中、好きです」ということで奥まで探られる指マンでは潮が吹き出す。ビンビンのチ×ポを差し出されると嬉しそうにフェラチオ。正常位でイン。ゆっくり動かされるとどんどん表情が輝くハメられ美人。騎乗位では男優クンの首に手を廻し愛しそうにキスのおねだり。花びら回転で背面騎乗位になるとオ××コがクチュクチュとエッチな音を立てる。バックでズコバコ突かれ、最後は大量のザーメンを膣内で受けた。

    116人


    AVライター 東良美季

    自称・名器のEカップ巨乳美熟女

    「素敵なマダム」という言葉がピッタリの三沢蘭さんは55歳。女優の田中美佐子を思わせる、笑顔が魅力的な美人熟女だ。静岡でアンティーク雑貨屋を営む彼女、結婚30年目、2人のお子さんも成長してさぞや幸せな生活かと思いきや、ご主人が5年前からEDでまったく勃起しなくなってしまった。仕方なく家族がいないときを見計らってオナニーの日々だったが、女盛りの性欲はとても収まらず。一時期は性風俗で働こうかと思い詰めるものの、やはり不特定多数の男性を相手にするのは不安だし怖い。そこでAVなら相手はプロの男優さんなので安心と応募した。ハダカになるとまず眼を惹くのは、「これが私の自慢なんです」と誇らしげに見せびらかすEカップ巨乳。大きさのわりに重力に負けず丸々と張りがあり、平常時でもツンと勃起した乳首がイヤらしい。お腹周りに程良くついたお肉も、熟女マニアにはタマらないだろう。性感チェックで大股開きにされると、興奮したのか「私、名器って言われるんです」と猛アピール。果ては若手男優クンの手を引いて「もう欲しいわ、早くベッドに行きましょう」と誘う始末。「スゴイ濡れちゃってるの」と舌を絡ませるキスから始まり、背後から乳房を揉まれ、指マンでは「アーン、スゴイ、気持ちいい」と愛液でシーツはビッショリ。「見た~い、見せて」とブリーフを下ろし、喉の奥まで貪欲に味わい尽くすフェラチオ。挿入では「アーン、その入れ方、イイ」と歓び、騎乗位を誘われると自らチ×ポを握りしめ招き入れる。「コレ、気持ちいい?」と腰を振り、ラストは膣内にタップリ中出し。中盤には巨乳をローションでヌルヌル、フェラチオ+顔面発射。洗面台にしゃがんでの放○シーンもあり。

    52人


    AVライター 東良美季

    奇跡の55歳スレンダーボディ美熟女が魅せるSEX哀歌

    物語は高級ソープの個室。肩の出たセクシーなロングドレス姿で室内を掃除するヒロイン、由貴(福田由貴)の姿から始まる。〈このお店で働き始めて2年が経った〉というモノローグ。平凡な主婦だった彼女。離婚後、意を決して風俗の世界に飛び込んだ。〈最初はお店にもお客様にも迷惑をかけてしまったけれど、必死に頑張ってきた甲斐あって、やっと本指名のトップランキングに入ることが出来た。これで、少しは家計も楽になるかしら〉と呟く。そこに「写真指名で一見のお客さんです」と黒服の声。三つ指ついて待ち、「いらっしゃいませ、本日はご指名ありがとうございます」と顔を上げると、そこには〈私がこの世で一番会いたくない男、山下〉がいた。そして回想シーン。山下は由貴の元夫だった。酒癖が悪く暴力も振るうので離婚裁判に持ち込み、やっとのことで勝訴。裁判所からは接見禁止の命令も出た。にも関わらずどこから聞いたのか、「お前、再婚したんだってな。旦那は知ってんのか」と脅迫されるのである。そう、由貴は新しい夫と幸せな生活をしていた。しかし彼は貧しく、彼女は内緒で家計を助けていたのだ。「さあ、バラされたくなければしっかり接客してくださいよ」とせせら笑って強引な即尺。タワシ洗いにスケベ椅子、バスタブでのパイズリ、潜望鏡とフルサービスをさせられる。そしてベッドプレイでは誰よりも忌み嫌う男から、忘れていたあの快楽を味合わされるのである。とても55歳とは思えない若々しさとスレンダーなボディが驚異的な美熟女・福田由貴さん。知的な面持ちも魅力の彼女には、こんな哀しい女のストーリーがよく似合う。

    44人


    AVライター 東良美季

    未亡人の溢れ出す淫らな性欲に義理の息子は

    数年前に夫を亡くした美園(高橋美園)は、一人娘の祐子とその夫・太郎と同居していた。娘夫婦は仲が良く、仕事を持つ祐子のため美園はほとんど家事をまかない、幸せな生活を送っていた。しかし彼女には人に言えない秘密があった。未亡人と言っても53歳の女盛り、溢れ出す淫らな性欲を抑えきれなかったのだ。入浴し、身体を洗うためシャワーを使う、その水が乳首に当たるだけで肉体は敏感に反応してしまうのだ。思わず自分の手で乳房に触れると火が点いた。シャワーをオ××コにあて、クリトリスをイジり乳首を摘む。最後には二本の指を膣内に入れ、声を上げてイッてしまう。ところがその姿を偶然、婿の太郎が見ていた。翌日、台所に立つ義母の後ろ姿はいつにも増して妙に艶っぽく感じる。そのとき、美園が包丁で指を切った。とっさに「大丈夫ですか」とその指を吸う太郎。二人の間に微妙な空気が流れる。「お母さん、ボク、見ちゃったんです。昨日」と告げる義息。「オナニーしてましたよね。寂しいんでしょう、ボクがお相手します」と抱きしめキス。「ダメよ、あなたには祐子が」と言いつつもはや自分を制御出来ない美園。「言わなきゃわからないですよ」と背後から乳房を揉まれ、うなじに口づけされるともう我慢出来なかった。ビンビンになったチ×ポを握らされると、「今日だけよ。約束して」とその場にしゃがみ込み、彼女は太郎の若い男性を愛しく頬張るのだった。高橋美園さんは2020年04月『初撮り五十路妻ドキュメント』にて、夫公認の熟女AV女優としてデビュー。本作が5本目。今がまさに熟れ頃の注目株である。

    47人


    AVライター 東良美季

    スーパーホルスタインボディの超好感度大型新人

    文字通り期待の「大型新人」登場だ。栗生しほさん39歳。結婚11年目の専業主婦。長い黒髪も艶めかしい和風の美人だが、パッケージを見て頂ければおわかりの通り、驚異のダイナマイトポッチャリボディ! バストは作中ご本人が「Dカップです」と言っているが何倍も大きく見える。つまりそれだけ体型自体がビッグだということだ。そして冒頭のイメージシーンから「これでもかッ」と強調される巨尻。こちらはナント120センチあるという。AV出演の動機は、ご主人はとても優しい人と言うが夜の営みはほとんどなく、「激しいセックスや3Pをやってみたい」と応募した。普段から「恥ずかしいんですけどオチンチンの形のオモチャ使ってオナニーしてます」とのことで巨大ハリカタが登場。ズボズボと大胆に出し入れするオナニーを披露の後、マイクロビキニに着替えいよいよセックスになるのだが、ココでしほサンのスゴさは外面だけでなく内面、つまり「超」の付く感度のよさだということが判明。乳首を摘まれキスされるだけで「アーン、アハーン」とスゴイ反応。腋の下を舐められるとホルスタインボディをブルブル震わせ、背後から乳房を揉まれると「気持ちいい、気持ちいい」を連発。四つん這いでのクンニでは「お尻の穴舐められてる~」と歓び、挿入はバックからズンズン突かれて絶叫、騎乗位では乳房を吸われて悲鳴と感じまくりのイキまくり。クライマックスはご要望通りの3P。2本のチ×ポを握りしめ、嬉しそうに交互フェラにWフェラ。一人に中出しされた後のオ××コに指を入れられ派手な潮吹きを披露。立て続けの中出しで膣内は大量ザーメンで満タン!

    28人


    AVライター 東良美季

    心の底からおチ×ポ好き熟女が魅せるエロコメディ

    真矢織江さんは2020年1月『初撮り五十路妻ドキュメント』にて、57歳・結婚35年目のベテラン専業主婦、3人のお子さんと3人のお孫さんに囲まれる幸せなお祖母ちゃんとして遅咲きのAVデビューを果たした。本作はこの1年で8作の主演作をリリース、すっかりAV女優らしくなった織江さんの、見事なエロコメディエンヌぶりが楽しめる一作となった。夫と共にマッサージ店を営む織江(真矢織江)の元に、久しぶりに娘の真理とその夫・隆史が泊まりに来た。「長旅で疲れたでしょう」と自慢の腕で娘婿の肩を揉む。しかし背後から覗く隆史のズボン、そのビンビンにテントを張った股間に釘付けになってしまう。そう、彼女は心の底からおチ×ポ好きの熟女だったのだ。翌日夫と娘は近所にある昔なじみの居酒屋へ、陽の高いうちから飲みに行ってしまった。一人で退屈しているだろうとお茶とお菓子を持っていくと、隆史はすやすやと昼寝をしている。「まあ、風邪を引いちゃうわ」と毛布をかけてやろうとする織江。しかし娘婿のイチモツは昨日にも増してイキリ勃っていたのだ。というのも昨夜、隆史は真理に夜の営みを持ちかけ、「何言ってンの、ココ実家だよ」とけんもほろろに断られていたのだ。タマらず手を伸ばす織江。するとビクンと敏感に反応する若いサオ。もう好奇心は止まらず愛しく握りしめ、「おっきい、逞しいわぁ」とウットリ。思わず頬張りジュルルと音を立ててしゃぶり、婿の熱いザーメンを口で受けた。しかし実は、隆史は眠ってはいなかったのだ。その夜「あんなに大きくて逞しいオチンチン、初めて見たわ。お父さんとは全然違う」とオナニーに耽る義母の寝室に、彼はソッと夜這いをかけてゆく。

    37人


    AVライター 東良美季

    妻を挟んだ川の字で密かに熟女の肉体を味わう

    主人公の篤志は真面目なサラリーマン。夫を亡くした妻の母、美緒(森下美緒)と同居するようになって1年、今後のことも考えて自宅をリフォームすることにした。業者が入る約1週間は、妻と母と3人で寝ることに。妻を挟んでの川の字だ。夜中にふと眼を覚ますと、暑いのか妻が毛布を剥いでいる。かけ直してやろうと手を伸ばしたとき、その向こうに眠る義母の姿が眼に入った。彼女もまた寝具をはだけ、パジャマ代わりに穿いているニットのショートパンツから太股が覗いた。未亡人とはいえまだ若く美しい。ムッチリとしたヒップから伸びる太股は、むせかえるような女の色香を放っている。以来、篤志は昼間も義母の肢体に釘付けだった。そして次の夜、この日はレースのキャミソールから乳房が覗いていた。これには遂に我慢の限界を超え、妻を跨いで義母の脇にいき、ソッと乳房を揉み乳首を摘む。毛布をはだけると、昨夜のようにショートパンツは穿いていずパンティだけだ。思わず花園に指を差し入れると濡れていた。しかし義母はそこでそこで眼を覚まし「篤志さん!」と驚く。「すみません」と慌てて自分の布団にもぐり込むも、気まずい空気はいかんともしがたい。翌朝も何気ない顔で食卓に着つくが、何を言われるかドキドキしていた篤志に、義母はソッと耳打ちした。「私、昨日のこと、怒ってないからね」と何とも艶っぽい眼差し。そして夜、今度は篤志の方が違和感を感じて目覚めた。するとあろうことか、美緒が彼の毛布の中に潜り込んでいたのだ。「だって昨夜、篤志さんの方からシタんじゃない? 今夜はお返しよ」。義母はそう微笑んで、篤志の男性を美味しそうに頬張るのだった。

    新入荷最新作ゆうり 
     
    53人


    ノリスケおじさん

    美人が男のケツに顔を突っ込んで喜ぶ姿はなかなか見られないからおすすめだよ。

    どんな人間にだってフェチはあるけど、この美女のフェチは生々しくてリアルだわ。セックスもノリノリでよだれをたらしてよがる姿はエロい。抜ける。美人が男のケツに顔を突っ込んで喜ぶ姿はなかなか見られないからおすすめだよ。

     
    19人


    星シュート監督

    【私のHな妄想叶えてください、永井みひな(仮)22歳、AVデビュー】
    今や人気女優になった永井さん(現:あずみひなさん)のAVデビュー作です。僕自身も初めてのデビュー作品だったので気合が入っておりました。僕はこの作品を撮る以前にマジックミラー号の監督をしていたのですが、女の子もろくにナンパできず、作品も売れず、監督にせっかくなれたのに何も結果が残せていませんでした。そんな中、野本さん(現SOD社長)に単体女優を撮ってみろと言われ、この作品を監督したのが僕の本当のAV監督人生の始まりになりました。

    【私をずーっとイカセ続けてください 永井みひな 22歳、夏。】
    1本目で2017年のクラシックになった、あずみひなさんを僕が撮った2本目の作品です。この時の撮影では彼女と久々に再開したのですが、少し垢抜けていて、さらに反応や目の飛び出し、歯のガタガタ具合がパワーアップしていて、見ごたえがあります。婚約破棄した彼女の元婚約者が何をしているのか、たまに考えてしまうことがあります。いつか会いたいです。追伸、この撮影時に壊れてしまった僕のiPhone6はすぐに6Sに変り、その6Sも今は8になっています。時の流れは速いですが、いつかの志はどうか忘れないで、幸せになってください。今でも観覧車で撮影した写真を見返すことがあります。それに観覧車で係りの人に写真を撮ってもらうとその作品が売れるというジンクスまでできました。本当にありがとうございます。お互い頑張りましょう。

    【風薫る鎌倉で出会った微笑み美人。女としての夏がまた、始まる。久保今日子 43歳 AV DEBUT】
    鎌倉で出会った微笑み美人人妻の久保今日子さんのデビュー作品。とにかく彼女は明るくポジティブ、それにエロに飢えていました。そんな彼女と最近、撮影ではなくたまたま街中で約2年ぶりに再会しました、旦那さんと下の息子さん(大きくなってた)の3人で仲よさそうに歩いているところに鉢合わせてしまい、僕はご迷惑だと思い挨拶せずに通り過ぎると、後ろから声を掛けられ「お久しぶりです、久保です」と一言。振り返ると息子さんは「母さんだれ?」と言い、旦那さんはこちらを見ている。そして僕の薄い反応をみた久保さんは、続けて「あれっ、すいません、星さんですよね?」僕は思わず「違います、人違いではないでしょうか?」と答えその場を後にする。遠ざかる彼女たちの方からは、以前と変わらない明るい声で「あれー、人違いかー」「星さんだと思ったんだけどなー」と久保さんga息子に話しかける声が聞こえる。さらに僕は歩みを進める、聞こえてくるのは、夏の足音とどこにでもいる幸せそうな家族の楽しげな声だけになった、久保さんありがとう、僕は元気です。

    【小倉由菜 AV Debut】
    こちらは今や女優のみならず、YouTuber、モデルなどマルチに活躍している、我らがSODstar「僕らの彼女」おぐゆなこと、小倉由菜ちゃんのデビュー作です。彼女については語られている事が多く、今更僕が語る必要はないと思うので、可愛いとかエロいとか、そういうのは書かないのですが、一つだけまだ誰も知らない、誰にも言っていないことを書き残しておこうと思います。僕は当時、カンパニー松尾さんの撮ったある映画のメイキング映像に影響を受けている時期で、何かしたいと思っていました。そんな中僕はこの作品を撮った後、編集中くらいから本格的に小倉さんに恋をしてまして、今にでも走り出したいくらいに思いが膨らみ、海辺のイメージを見ては泣いていました。そして小倉さん2本目の作品の最初のコーナー撮影時、ホテルで僕と小倉さん2人きりでオナニーを撮って、気分が高まった後男優が来てバトンタッチをする段取りで進んでいたのですが、僕は男優さんに小倉さんを渡すときに猛烈な嫉妬心に襲われて、ホテルの部屋を出た後、近くのビデオボックスに入って、小倉さんを想像しながらオナニーをして一発抜いてしまいました。今思い出すと狂っていたなと思いますが、いい思い出です。そのときカメラを回してオナニーしていたのですが、誰にも見せず墓場まで持っていこうと思っています。

    【緊急発売!SOD女子社員 技術部 入社1年目 カメラアシスタント 小池さらの初々しいプライベートSEXが撮れました!】
    この作品は僕の後輩だった小池のSEXを勝手に撮って勝手に発売した、どこかから怒られそうな内容の作品になります。しかし中身はエロ業界に生きる女性のエロと葛藤と恋と夢が詰まったお仕事AVに仕上がっていますので是非!
    小池へ:この作品の後くらいから僕は天狗になっていて、それのツケが最近になって回ってきて何もかも上手くいかない日々を送っています。小池と撮影をしていた時は、そんな実績にあぐらをかいた馬鹿野郎にはなりたくなかったし、そんな奴らを軽蔑していました。でも今僕はそんな奴らと全く一緒になってしまいました、手を抜いた台本、過去の実績自慢、評価だけでの人付き合い、向き合う努力をしない、気力のない編集etc 後輩が伸びてきたことに焦り、同期のステップアップにも焦り、背伸びしたお金使いで金もなくなり、地元の友達の結婚式も本当は金がないだけなのに仕事でと嘘をついて欠席したり、親にお金を借りたりetc 半分嘘で半分本当ですが最近はこんな感じです。で、話は変わりますが今度良かったら久しぶりにお茶でもしませんか?中野のいつも行ってた喫茶店はどうでしょう?僕は朝が弱いんで13時くらいの待ち合わせでお願いします。お返事お待ちしてます。

     
    12人


    星シュート監督

    【麻宮まどか AV debut】
    この作品は僕の2人いるAVの師匠の内の1人である野本義明監督の作品です。この作品は野本さんから教えてもらったり、聞いたことが全て具現化されている僕の教科書のような作品で、今でも撮影前には、教科書を開くように数カットだけみたり、インタビューの音だけ聞いたりしています。AV作りの本などどこにも売っていないので、これからAV監督を目指す人にはとてもお勧めの作品になります。と社長を持ち上げてみましたが、野本さんは、人生で恩師らしい人なんてほとんどいなかった僕にとって、期待してくれたり、叱ってくれたり、褒めてくれたり(ほとんどない)、気にかけてくれたりする数少ない恩師だと思っています。3分の1は超えれたのではないかと思っていますが、まだまだ勝てません。最後に野本さんにお願いというかリクエストがあります、今年AVを撮ってくださいお願いします。僕も含め後輩たちはみんな望んでいます。

    【SOD人妻レーベル史上最高の30代 こんなにも清楚で美しい人妻がAVに出演するという奇跡 佐々木 あき 35歳 AVDebut】
    こちらの作品は、僕にとって野本監督が生みの親なら、育ての親の家太郎監督の作品になります。[こんなにも清楚で美しい人妻がAVに出演するという奇跡など、彼女を表すのに使われる言葉は誇張された表現だと思われるかもしれません。しかし、見てもらえれば分かります。それが大袈裟ではない事が。僕は彼女がAV史に残る人妻さんになると思います。とても触れる事が出来ない程綺麗な彼女をご覧ください。]と家太郎監督はコメントしてますが、まさにAV史に残った人妻さん、佐々木あきの原点がすべてある現代最高峰の本物人妻ビデオです。また僕は家太郎監督と「監督とAD」「PとAP」「Pと監督」と様々な形で一緒に仕事をしてきましたが、本当に不思議な人だなと常々思っています、この作品はそんな家太郎さんの不思議さも魅力になっていますので是非。

    【壁!机!椅子!から飛び出る生チ○ポが昔懐かしい実家 「お正月だよ!しゃぶりながら」・・・さらにハメながら!!】
    僕のAD人生で一番キツかった作品であると共に、初めてコーナーを任された思い出深い作品です。しゃぶりながらシリーズはとにかく小道具、大道具の量が多く、出演者も多い大規模な撮影で、寝ずに準備して撮影に行くといった古き良き撮影スタイルでした。当然、戦死するADもいたりします。そしてなんとか撮影が終わり、死んだように眠り、いつのまにか撮影や作品の事を忘れて行きました。すると監督の木村真也さんから、「クレジットに名前入れたいんだけどなんて名前にする?」と聞かれ、僕は「西竜太でお願いします」と答えました。なんでその名前にしたかわかりませんが、名前を聞かれたときに認められた気がして、今まで全ての辛かった事が吹き飛びました。なんか報われた気もしました。

    【お口の中に3発以上のザーメンを入れて池袋・秋葉原・中野を野外散歩!】
    日本のAV史上最もエキサイティングなごっくんモノである本作は(僕は本当に思っている)、監督である江澤スパイク兄さんの怒りや悲しみの詰まった爆弾です。平成最後の鬼才とはこの人の事です。勝てないです。

    【中出し志願!!こんな可愛い顔して会ったばかりのおじさんに膣内射精を懇願するド変態中出し中毒娘 AV Debut】
    うどんが美味そうで、まいちゃんもえちえち、風景も、SEXも、反応も、全てが最高な、SODクリエイトのデビュー作のクラシック的作品。
    JKTデザインを含めこれを全てパクればだれでも売れる作品作れます。それくらい今の僕や他の監督、Pのお手本になってます。

     
    12人


    イージー松本監督

    【日常生活にある私たちのおちんちんペット】
    この作品は、全編を通して出演する女優さんが一切裸になりません。SEXもしません。ひたすらに、手コキフェラを行う作品となっています。しかし、ただの手コキフェラではありません。女子〇生がおちんちんというペットを飼う事が流行している世界観で、おちんちんと会話をして愛でたり、叱ったり、怒ったり・・・。一見バラエティー作品にみられがちなのですが、ストーリーのあるドラマ作品となっています。「普通のAV」に飽きてしまった人は是非おススメです。 

    【妹のおっぱいを吸い続けて10年になりました。森下美怜】
    AVにおいて近親相姦ものはたくさんあると思いますが、本作はただの近親相姦ものではありません。妹と兄の物語なのですが、妹は引きこもりになった兄に対して、同情心を抱くようになり、母性愛が芽生えます。これまでの妹キャラは、ちっぱいでロりというのがベタだと思うのですが、本作の妹は巨乳で母性にあれているという今までになかった奇妙な近親相姦のエロを描いています。気づけばこの兄妹たちに感情移入して、気づけばオナニーをして、気づけば射精をしている。そんな「ヘンな」AVになっていると自負をしています。 

    【拝啓- 高●生の僕へ。 君がずっと好きで交際していた美術部のまゆはクラスの男子みんなと性交していました あずみひな】
    同窓会で昔付き合っていた、元カノに再会しその元彼が当時いろんな男子とヤリまくっていたという、とても胸○が悪いストーリーです。本作はなんといっても主演のあずみひなさんが、尋常でないほど、役に合っていて、魅力的でエロくて、兎に角、最高です。撮影の仕方も映画的なつくりを意識してつくりました。なのでドラマとしての完成度やクオリティには自信があります。これまでのNTR作品に飽きてしまった方に味変えとして見ていただければ幸いです。 

    【催眠光線で支配されたお天気キャスター】
    「催眠光線」シリーズとSODstar市川まさみのコラボレーション作品です。本作の見どころはなんと言っても市川まさみさんの「ここまでやるか」と思うほどの女優魂です。異常なほど男のアナルをべろべろ舐めたり、ふんどし姿で踊ったり、とにかく今までに見たことがない市川さんがみられる稀有な作品です。その市川さんの清楚なキャスターのキャラクターとのギャップは最高にヌケます。 

    【1泊2日10射精・筆おろしサービス付き「性交付き」温泉仲居のお仕事】
    SENZレーベルから発売した、温泉仲居モノの作品です。その宿では宿泊中に美人の温泉仲居がいつでも何度でも射精のご奉仕をしてくれるという夢の様な温泉宿を描いています。ただ、手コキやフェラ、性交でヌイてくれるというわけではなく、人情に溢れ、極上のおもてなしの中で射精のご奉仕をしてくれるので、仕事や勉強など日々の疲れが溜まったときに是非おススメです。

    15人


    イージー松本監督

    【就職間近の女子大学生を【奴隷化・屈服・完全制圧】~狙われたボランティア女子~ 紗倉まな】
    この作品は、賛否両論が大きく分かれている作品です。何故か?それは本編の開始から約60分エロシーンがないということです。AVのドラマ作品は感情やドラマの延長としてエロ・SEXがあるものがいいと個人的には思っています。本作品はまさにそれでドラマが韓国映画のようにしっかり作りこんでおり早送りしないで見られる作品です。日頃、女性に対して怨念がある人や、日常生活でムカムカした時に、見ると、最高に気持ちのイイオナニーができます。1本見てじっくりヌクという方におススメです。 

    【30cmの赤い糸に繋がれたままで見知らぬ男女が一晩過ごしたら…火が付いて初対面SEXに落ちるのか?】
    今ではAVにおいてモニタリング企画が当たり前のように存在しますが、本作はそのモニタリング作品の先駆となるものです。まず企画がとても面白く、良い意味でその先の展開が読めず、見る側の想像以上のエロがそこにはあります。素人男女のリアルなやりとりの中で、エロミッションを行う恥じらいや、プライベート感は、ガチで知らない人たちの日常をのぞき見している感覚になります。個人的にモニタリング作品の中では、群を抜いています。 

    【香澄はるか AVDebut】
    SODstarのデビュー作品です。個人的にはあまりデビュー作品は見るほうではないのですが、この作品はDVDが擦り切れるまで何度も見てヌイた作品といっても過言ではありません。何よりも、セックスをしている時と、普通に話している姿とのギャップが半端じゃありません。そして人肌脱ぐと、色白美白でGカップおっぱいのマシュマロボディ。イメージ映像がとにかく彼女のピュアさを引き出しており、とても実用的なAVです。 

    【R68 男68歳にして華やぐ せがれの嫁さんいじり】
    本作は、ガチの素人のおじいちゃんが出演しています。それだけではなく、そのおじいちゃんの願いをかなえるためにあえてドラマにして、あたかも映画の主人公になった気分で女優さんと戯れセックスをしています。出演している女優さんのおじいちゃんに対する愛情や母性が際立っており、ドキュメンタリーのようなドラマ調がとても新鮮で、どこかほっこりしてしまう変わったAVです。 

    【市川まさみ 濃厚ベロキス接吻乳首舐めエステサロン】
    個人的には今までのAV作品で一番オナニーのおかずにした作品です。それまでAVとしてのキスプレイはいまいちピンときていなかったのですが、この作品をみてから、キス物のAVを好んで見るようになりました。市川さんの柔らかそうな唇とその人柄の良さからにじみ出る包容力が相まって、奇跡か、と思うほどエロい作品となっています。説明するより、まず見て頂きたいです。もしヌケなかったら、何かしらのお詫びをします(笑)

     
    10人


    太田みぎわ監督

    【侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録】
    2018年下半期ソクミル大賞オモシロ部門受賞作です!憑依というのは、ある一人の男の魂が女性の肉体に入るジャンルのことです(いまだに説明うまくなくてすみません)が今回は何回にもわけて憑依を繰り返し徐々に体を奪っていくというちょっと怖い内容です。何よりすごいのは女優・神坂ひなのさんの演技です。右手、左手、胴体と徐々に女の子は憑依されていくのですが、それに伴う好奇心、戸惑い、恐怖、そして憑依したあと変態感をすべてをうまく表現しています。本当にすごい。すごすぎます。この演技のために見てほしいです。(スタッフ注:ソクミル大賞とはソクミルのニコニコ生放送内でスタッフとゲストにより選出した賞です!)

    【これマジ!?女体に【憑依(ひょうい)】できる男は実在した!Special Edition in 竹田ゆめ】
    2019年上半期ソクミル大賞ちんピク部門受賞作です!こちらも普通の憑依とは違って、憑依したその瞬間に本体の体が交通事故で引かれるところから始まります。つまり女の体から戻れなくなってしまうのです。それまでは憑依して女の子の体に入ってドキドキわくわく楽しいことをするAVばかり取っていたのですが、これは、趣向を変えて、結構本人にとっていやなことばっかり起こるような作りにしました。その結果、竹田さんの”とほほな雰囲気”と相まってかなり素敵なAVに仕上がったのではと思っております。

    【ストーカーに居座られて 竹田ゆめ】
    実は一番僕の性癖に近い作品です。ストーカーが少女の竹田さんの家にはいり、そのまま居座り続けて、ねちねちずっといじめつづけるというものです。僕は、本当にただ、何も言わない少女をだまって犯し続けるみたいなのが一番興奮します。その興奮をストレートにぶつけられた作品です。竹田ゆめさんのはかなさがすごく際立った個人的にはかなりの名作だとは思っています。

    【これマジ!?女体に【憑依】できる男は実在した!】
    もう僕憑依しか撮っていませんね。。。本当、このコメントを書いていて、新ジャンルも開拓していきたいと強く思いました。こちらの作品は、僕が入社して一番最初に取った作品です。いまだに一番最初に撮ったネタがこんなにもずっと続くとは思いもしませんでした。これは、実はロケットさんの作品を自分なりにドキュメント風にアレンジしたものです。なので、基本的な僕の憑依の礎はロケットのボディジャックシリーズの監督である三輪キヨシ監督にあります。三輪さんの作品の色鮮やかな雰囲気には絶対に勝てないと思ったので白黒の乾いた雰囲気にして作りこみました。そんな感じの作品です。

    【―バ美肉AV― バーチャル世界で美少女のカラダを受肉できるアダルトビデオ】
    レディプレイヤーワンで知ってる方もいると思うのですが、このAVは仮想現実での話です。現実世界ではちょっときもいおっさんが、仮想現実で少女を操って、生活しているという設定です。少女を作る、少女になる、少女として生活するの3パートに分かれております。かなり作りこみに気合を入れったので、とても楽しいかと思います。

    14人


    太田みぎわ監督

    【「私にHを教えて下さい」 美園和花 18歳 SOD専属AVデビュー】
    もう本当に恥ずかしい話なのですが、AVは結構見るのですが、結構抜くとなると本当に好きな女の子がシンプルに撮られているデビューもので抜きます。あんだけ作品でこねくり回しておいて何を言うんだと思うのですが、もし自分だったら、自分の作品は買わないのかな・・・とか思ったりしちゃってます。恥ずかしいです。美園さんは青春時代でデビューした女の子で、僕が最も抜いたAV女優さんです。困ったら、貞松さんと美園さんのからみの騎乗位のところを見ていました。セックスに慣れていなく、たどたどしい美園さんなんですが、騎乗位しているときは体が大きくアスリート体系なのでどしんどしんとしています。それをみてああチンポ締め付けられそうだなと思っていつも射精していました。

    【宮崎が育んだ特産Jカップ 佐知子(19) AVデビュー】
    この佐知子さんのAVもかなりお世話になりました。常に眼鏡が曇ってそうな雰囲気があって、よく視界が見えてなさそうで興奮します。体もムチムチでもうこう片っ端から、こねくり回したいと思いながら抜いていました。ちなみに僕は巨乳のひとはあんまりなのですが、なぜかAVで好きになるのはそういう子ばっかりです。正直自分でこれを書いていて、自分の性癖のわけのわからなさを感じます。とにかくこのAVの見どころは指フェラですね。このフェラの時の目が焦点が合っていなくて最高にかわいいです。

    【竹田ゆめ AV Debut】
    竹田ゆめさんのデビューですね。これもかなり見ました。特に黒田さんと初絡みの時の正常位の恰好は今でもしっかり覚えています。股が開かず、だいたい90度くらいに固定されていて、「それじゃあ黒田さんのちんぽ入れられないよ」というポーズをずっとキープしていてそのうぶな感じにとても興奮しました。とにかく体がカチカチになっている印象があったデビューです。

    【麻宮まどか AV debut】
    もうまたデビューかよって話ですが、僕はこのAVで初めてのパンティーがエロスのほとんどを決めるということ知りました。野本さんが麻宮さんに用意していたのは、綿の灰色のパンティーでした。「ああさわったら、滑りごこち最高だろうなあ」と思って、感動したのを覚えています。それ見ていたので、僕はいつも現場前は絶対にパンツだけは自分で買うようにしています。そうパンツがだめだったら、どんな女の子もだめになります!

    【時間を止められる男は実在した!~幸せそうな奴等の自慢の彼女を『寝とって』ハメ倒し!潜伏生活編~】
    やっと企画です、、、これは、僕がチーフADだったロケでして、一番思い出深いロケになります。あの「犬が止まらなかったAV」です。それはさておき、このAVの何がすごいって、時間停止というジャンルを企画ではなく完全にフェチのジャンルまでもっていったというところです。特に竹内真琴さんの二ケツをされているときの涙を流しながら止まっている姿は本当に感動します。僕はこの精神が今でも自分のバイブルです。企画を撮るんじゃない、フェチを撮るんだ。ストーリーで抜かせない。見た瞬間の絵で抜かせるんだということをいつも強く肝に銘じていますが、結構、ストーリーばかり追ってしまっています。修行がまだまだです。

    11人


    小松(17)監督

    【マジックミラー号
    もうすぐ夏休み!田舎で育った夏服女子○生がはじめてのオモチャで激イキ絶頂体験!2 史上最高レベルの女子○生10人中10本番スペシャル!】自称、「マジックミラー号女子●生もの作品の最高傑作」だと思っています!これを見れば間違いなしです!出てくれた女の子たちは皆レベルが高く、美少女ばかりが多い回でした。経験の少ない制服少女たちは、みんなウブな反応!くすぐったいから気持ちよくなっていく過程が見物です!【野々原なずな×小泉ひなた SODstar×青春時代
    Wキャスト 大好きな先輩を幼馴染2人でご奉仕
    夢の逆3P学園】デビューの時から独特な雰囲気をもっていた二人のことをTwitterやツイキャスでずっと観察をしていました。徐々に惹かれあう二人がプライベートでも仲良しになってきた頃、僕は「この二人の共演作を撮りたい」と感じました。2018年の12月のことです。まだADだったころの僕が企画を通して、レーベルを超えたこのWキャストが実現しました。今まで僕が監督をした作品の中でも相当気合を入れて撮影に挑みましたが、撮影当日少し空回りをしてしまい上手くいくことばかりではありませんでした。撮影が終わったのは午前4時頃。二人は疲れ切っていましたが文句も言わずに最後まで駆け抜けてくれました。ひななずはこんな大変なロケを二人で支え合いながら乗り切りました。そんな裏側があったということを頭に入れながら見ると、また違った見え方になってくるかもしれません。【「お金とかいいからチ○ポ挿れて?」おじさん大好き援交J○娘 八尋麻衣】八尋麻衣さんの3作目。援●交際もの。新人の頃の八尋さんは、すごくかわいらしい見た目ながらも、パワフルな方でした。僕は援●交際ネタがすごく好きで(もちろん自分でやったことはありません)、僕がやりたいことを詰め込んだような作品です。制服を着た少女と一緒にカラオケやゲームセンターに行って楽しむだけではなく、その美少女とえっちまでしてしまうんです!最高じゃないですか!【戸田真琴 挿入とフェラを繰り返し自分のマ〇コの味を堪能するプッシーtoマウスSEX】戸田真琴さんのおま●こからマン汁が止まらなくなり、ひたすら挿入とフェラを繰り返すプッシーtoマウスネタです。戸田真琴さんは、あんなにかわいらしい見た目ながらも、おま●この毛が人一倍多く剛毛で、えっちな汁がいっぱい噴出してくる女の子です。そんな戸田さんにじっくり挿入して、おち●ぽいっぱいにえっちな汁がついたところで戸田さんにそれを全て舐めとってもらう。さらに挿入して、またマン汁を付けて、それをフェラしてもらう。というのをひたすら繰り返す作品です。フェチがすぎるので、もしかしたら見る人を選ぶかもしれませんが、好きな人は大好きだと思いますので、是非こういうのが好きな人にこのネタが届くと嬉しいです。【【擬人化

    AV】僕のスマホが敏感な女の子になってしまったのだが】元SOD女子社員の加藤ももかちゃんがスマホになってしまうというファンタジーなお話です。ももちゃんは僕の同期です!見どころは色々ありますが、とにかくももちゃんのスマホコスプレがかわいすぎるということを推したいです!銀髪ウィッグにカラコンの、このちょっと特殊なコスプレがこんなに似合う女の子は、AV業界で加藤ももかただ一人です!ハイクオリティコスプレの女の子のえっちな姿を見るだけでもこの作品を見る価値があると僕は思っています。

    17人


    小松(17)監督

    【SODstar 唯井まひろ 18歳 AV
    DEBUT】2018年のSODを引っ張っていってくれた唯井まひろさんのデビュー作品です。この作品から5作目までまひろちゃん作品のADについていたので、裏側も少しわかるのですが、まひろちゃんは表裏がなく、キャラクターがかわいらしい方です。作品を見てもらえればわかると思うのですが、まひろちゃんはちょっと天然な性格で、ナチュラルにおじさんキラー的なところがあります。エッチをしている姿はかわいらしいながらも、ちゃんとエロいのがオススメできる所以です。唯井まひろ始まりの作品を是非ご覧ください!【「私、Hがしてみたいんです」 戸田真琴 19歳 処女 SOD専属AVデビュー】現在SODstarで大活躍中の戸田真琴さんの青春時代のデビュー作品です。あどけない見た目と強い意志を同時に持ち合わせた不思議な少女が、AVという多くの人の目に入る中で「処女」を喪失します。本人も様々な媒体でAVで処女を喪失したことについて語っているので、そちらも合わせて見てみると面白いかもしれません。僕はAVにとどまらず色々な分野で活躍している戸田真琴さんのことが好きで、非常にリスペクトしています。彼女は「AVのまこりんが好きな人はそれ以外の活動のまこりんを無理に好きになる必要はないし、AV以外のまこりんが好きな人はAVのまこりんを好きになる必要はないよ。まこりんの一部分でも好きでいてくれてありがとう」と語っています。今はそんな風に(表面だけでも)強くなった戸田さんですが、このデビュー作品の頃はまだ右も左もわからないただの処女な少女です。今と昔の良い感じのギャップを味わってほしいので、この作品をオススメしました。【香澄はるか 我慢できない変態女の淫乱うねり腰セックス】僕の大好きな香澄はるかちゃんの卒業作品。デビュー作とどちらをオススメしようか非常に悩んだのですが、こちらにしました。香澄はるかちゃんの一番の良さはなんといっても腰使いです。「リオのカーニバルかよ!」とツッコミたくなるほど素敵な腰使いをします。あの腰使いは見ているだけでエロい妄想が広がっていき、「絶対に騎乗位気持ちいいんだろうな」という気持ちにさせてくれます!騎乗位してもらいたい女優さんNo.1!!【松岡ちな いいなり温泉旅行】SODの大人気シリーズ『いいなり温泉旅行』に松岡ちなちゃんが出演した時の作品です。松岡ちなちゃんはスタイルがよく、えっちな表情をするので、このいいなり温泉シリーズにすごく相性がいいです。現在はとある関係で撮影できないような車内でのおもちゃオナニーなどは必見です。【侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録】2018年のSODクリエイト作品で最も面白い作品です。一人の男性が自宅に少女を監禁して、少女の手、胴体、足を徐々に浸食(憑依)していき、最終的には少女の身体を全てのっとってしまうというお話。自分の思い通りに動かない自分の身体に少女は困惑します。未熟な少女のそういった葛藤がうまく表現されている。そして、なんといってもちゃんとエロいです。文章で読むとよくわからないと思いますが、この作品が2018年のSODクリエイトの最高傑作なので、とりあえず見てください。

    9人


    ANZO監督

    【本物麻雀プロ AV出演!!中西
    南】巷に蔓延るナンチャッテ【本物〇〇AV】とは一線を画す作品!なんてったって、冒頭の脱衣麻雀シーンが30分以上!本当に麻雀プロだから、先ずは華麗な牌さばきをじっくり見てもらいたい!台本無しのガチ対局は手に汗握る好勝負、自然と男優を応援してしまいますッ!ただ裸を見るよりも、こうゆうやり取りを経て見る裸ってなにか特別なものを感じますよね!麻雀業界の益益の発展を願って、本物麻雀プロ中西南をおススメします!【「カップル限定」マジックミラー号の中で、自慢の彼女を「寝とって」真正中出し!

    18】今や絶滅寸前の【真正中出しAV】おかげさまでシリーズ18作目。彼氏までミラー越し30㎝の距離でじっくりと時間をかけたオイルマッサージ。際どい箇所を触られ感じてしまう女の子の心境を丁寧に撮影しております。恥じらいの表情、不安と疑念の表情、困惑、彼氏への罪悪感、形だけの抵抗、キスを許す目の妖しい曇り、中出しを許すまでだんだんと理性を失っていく女の子の心境の変化…今作のオナニーポイントをお見逃しなくッ!【【女子○生限定】マジックミラー号 「下着メーカーのモニター調査」と称して生おっぱいをモミモミしながらインタビュー 清純そうな見た目からは想像もつかない超ドえろ発言連発!敏感な美乳をもみほぐされて感度抜群女子○生が大人ち○ぽでイキまくり!10人中10本番!】10名出演10名全員SEXで4時間弱とボリュームたっぷりの1本。全体的に童顔ムチムチ色白タイプの子が多いです!女性インタビュアーが仕掛け人になり、ウブっ娘たちは自然な流れでエロ行為へ発展していきます。ペンを胸に挟んで上下に動かしたり、身体測定系などが好きな人にとっても見どころアリです。おっぱいの色、形、大きさ、味は10人10通り!夢と希望がたくさん詰まった思春期おっぱいとご挨拶しちゃってください!【マジックミラー号

    ゲレンデに来ていた幸せいっぱい新婚カップルナンパ!旦那が目の前で浮気!その様子を見て悲しんでいる奥さんを口説き、旦那までミラー越し30cmの距離で寝取って声を押し殺せないほどイカせる!】どんなに綺麗な奥さんがいたって、男は浮気をしちゃう生き物なんでしょうか。夫婦の愛を確かめるべく、新婚カップルに声をかけ、奥さんの目の前で旦那さんを誘惑しちゃいます!仕掛け人のAV女優・伊東真緒さんが繰り出すプロの妙技にもうメロメロ!普段のセックスでは絶対に感じられない快感に思わず屈してしまう旦那さんと、それにショックを受けた奥さんが徐々にスタッフとのセックスに没頭していく様子がたまりません!ぜひお楽しみくださいッ!【マジックミラー号「早漏に悩む男性の暴発改善のお手伝いしてくれませんか?」花火大会近くで声をかけた心優しい浴衣美女が敏感チ○ポを励まし互いに何度も気持ちよくなる連続射精SEX!!11】正直なトコロ、女の子は【早漏】の男性をどう思っているんですかね?「愛があれば平気!」「全然気にしないよ~」なんて言ってますけど、本当は満足してないんじゃ…。どうにかして早漏を克服したい。「ちょっとだけ我慢する練習に付き合ってくれませんか?」困っている人を見ると放っておけない心優しい女の子たちが、全力で【射精を我慢する】お手伝いをしてくれます!

    10人


    ANZO監督

    【【史上初】こんなAV無かった!!蓮実クレアがアメリカ合衆国コ◯ラド州○ッキー山脈で3億円の財宝を探しに行く企画 【衝撃の最後・・・】】タイトルの通り、こんなAV初めて見ました(笑)移動や大自然の中で宝探しをするシーンが大半を占め、肝心のエロは少なめなのですが、それでも見終わったあと「良いもの見たなぁ…」と感慨に浸ることができます。蓮実クレアさん自身の魅力、スタッフさんの努力、そしてこんな馬鹿らしい企画に大金をかけてしまうSODの社風!その全てが噛み合った、最高の映像作品だと思います!普通のAV見飽きた人は是非!【榎本美咲 1泊2日で泊まりにきた嫁の友達にコソコソ淫語で誘惑され声をひそめて浮気寝取られSEX】抜群のルックスを誇る榎本美咲ちゃんにこんな感じで誘われちゃったら、どんなに真面目な旦那さんでも陥落すること間違いなし!最初のうちは嫁の目を盗んでこそこそやっている二人が、どんどん大胆になっていき、最後は奥さんのすぐ背後で思いっきりハメちゃうところなんか、まさにNTR系AVの真骨頂ですね!榎本さんのアニ声淫語もばっちりハマっておりまして声だけで抜けます!【時間を止められる男は実在した!―クリスマスを祝うクソカップルの女を『寝取って』中出し!地獄の3時間SP―】クリスマスを楽しんでいるカップルが気に食わないから中出してしまおうという、まさにモテない奴のモテない奴によるモテない奴のための作品です(笑)時間停止能力を存分に活かした、変態的でねちっこいイタズラの数々から、監督の作品作りに対する真摯な姿勢がひしひし伝わってきます。時間停止モノの作品は数あれど、その中でも屈指のクオリティを誇る一作です!【新発想!逆転マジックミラー号 「素人娘たちの大胆SEXを生で見たくないですか?」大人数に見られているとは知らずに激イキ姿を大胆に披露!】マジックミラー号の新たなる扉を開いた革新的な一作です!凄腕ナンパ師とのセックスしちゃう女の子の素の表情をたっぷり覗き見してからの、今度は照明を逆転させて突然の公開羞恥セックス!恥ずかしいのに感じちゃう、女の子の慌てっぷりがたまらなく可愛いです!マジックミラーを反転させることで、これほどまでに女の子からたくさんの表情を引き出すことができるのかと脱帽しました!1度で2度おいしい作品ですね!【子供と旦那が帰宅するまで1時間「赤ちゃんできてもいい…もっともっと奥で下さい」自宅で足を絡めて何度も求める「中出し6発」でやっとママは満足】作品というより野本義明監督のオススメになります!野本作品といえば言葉を使わずに、女の子の【表情】【目線】【仕草】だけで、【心境】【バックボーン】が読み取れてしまう、細かな演出が特徴的です!僕は男優(監督)が主張し過ぎないハメ撮りが好きなのですが、ロマンチスト☆ハメドラーとして我が強すぎず、ユーザーの代表みたいな感があって好感がもてる野本作品が大好きです!

     
    54人


    ナベ

    現役YouTuberとの事ですが変にカメラ慣れしている感じはなく、デビュー作らしい緊張感と初々しさがイイ感じ!筋肉はありますがバッキバキではなく女の子らしい柔らかさが感じられるボディもエロいです。白くてきめ細かい肌もそそられますね!個人的にはぶっちゃけ顔が結構好みです!サンプル動画はもちろんですが彼女のYouTubeをひとしきり鑑賞してから本作を観て頂くとより楽しめると思います!YouTubeで「ちゃんよた」で検索してみてください!

    47人


    SOD女子社員 浅井心晴

    お湯で濡れた黒髪と発達途中の胸。火照った体と自然な反応!

    夏だ!海だ!ロリだぁぁぁぁ!今回は夏の海でスク水美少女たちによる混浴体験!
    まだ勉強前の純粋な彼女たちに「普段なかなかお風呂に入れないおじさんの身体を洗うボランティアしませんか?」と声をかけるSODスタッフ。夏のボランティア私もやりましたがさすがにおじいちゃんとは入らなかったなぁ(笑)
    スク水美少女たちの日焼けと黒髪ってビキニのお姉さんとはまた違うエロさがありますよね。おじさんとお風呂に入る学生さんは最初は照れながらも満足そうな表情。「非常に可愛い!」そして初のチ〇ポとご対面!びっくりした表情はなかなかお姉さんになったからはできない新鮮さ!お湯で濡れた黒髪と発達途中の胸。火照った体と自然な反応!
    これはスク水美少女にしか出せない!ロリ好きの方はぜひ見てほしい作品です!

     
    128人


    AVライター 東良美季

    高級マンションコンシェルジュ奥様の非日常セックス

    松田優子さんは42歳、結婚14年目の奥様。2人の○学生のママでもあるが、パッケージ飾るスカーフを巻いた清楚なワンピース姿にもあるように、マンションコンシェルジュとして働いている。高級なタワマンなどに常駐するホテルのフロント係のようなお仕事だ。こんな魅力的な優子さんだから、お客様から電話番号やメルアドなどを訊かれ誘われることもしばしば。「会社から禁止されてますので」とお断りするものの、「でも、お受けしていたら私、どうなってしまったのかしら?」と妄想してオナニーを楽しんでいるんだとか。「非日常的な体験がしたいんです」とのことで、本シリーズでは珍しくスタジオに向かうワゴン車の中からスタート。若い男優クンと御対面。バストにタッチされ、キスを求める雰囲気からして華やいで、ブラを外されると42歳とは思えぬ張りのある乳房に、小さめの上品な乳輪も魅力的。シートに膝を付きお尻を突き出し自分で拡げるよう命じられ、「恥ずかしいわ、こんなの初めて」と言いつつ声は弾んでいる。まさに非日常的なプレイを楽しんでからスタジオへ。M字開脚でオ××コを自分で拡げ、奥まで探られる指マン。「アーン、気持ちいい。イッちゃう、ああ、イクイクイク」とエッチなオツユを吐き出して絶頂。「すごい刺激的!」と御満悦だ。ベッドインではいきり勃つチ×ポを「舐めるの大好き」としゃぶるそのフェラ顔も美しく、正常位でぶっといチ×ポをずっぽりハメられ、座位ではキスをおねだりしながらイヤらしく腰を振り。バックからハメられても首を捻って貪欲にキスを求め、最後は膣内にタップリと中出しでフィナーレ。

    106人


    AVライター 東良美季

    OL時代は痴●の餌食だった100センチGカップ若妻

    イメージシーンから眼が釘付けになってしまうのは、縦編みニットから覗くハチ切れんばかりのバストである。なんと100センチGカップ。水川由里さん33歳。お子さんは娘さんが1人、結婚5年目のキュートな奥様である。開口一番「こけまで浮気経験はナシ、旦那様一筋」と宣言。「家事を手伝ってくれるとても優しい人です」とのこと。さぞや夜の方もラブラブかと思いきや、「実は下手で、カレのオチンチンでイッたことがないんです」。さらには「めっちゃ早漏なので、私が満足しないうちに終わっちゃう」とのこと。これでは欲求不満も致し方ない。何しろ由里さん、出産前まではOLをしていて、このオッパイなので通勤時は痴●の餌食。しかし「密かに興奮してました」というドスケベなのだ。ハダカになるとウエストのくびれも素晴らしく、ヒップも94センチの巨尻を見せびらかす。性感チェックでは当然のことながら背後から巨乳揉みまくり、男優氏が「プルンプルンですね!」と賛美する素晴らしい弾力。ベッドインでもオッパイを揉まれつつクリちゃんをイジられ、四つん這いのスタイルでクンニ。正常位でイン、ピストン運動されるとブルンブルン揺れる乳房が大迫力。騎乗位では可愛らしくキスを求め、バックから豪快に突かれ、ラストは「イク、イッちゃう」と絶頂に達しながらの中出しで膣内に大量のザーメン放出。中盤にはWローターで乳首を刺激されながらのバイブ責めや、電マ2本でクリトリスの挟み責めといったハードなプレイも経験。

    34人


    AVライター 東良美季

    セックスの天才奥様の美味しい淫乱ムッチリボディ

    大学生の貴弘は、最近出来た彼女・美穂の家に初めて招かれた。綺麗な一軒家で、「いらっしゃい」とお茶を出してくれた美穂の母・明香里(永野あかり)も若くて美しく、「素敵なお家でお母さんも綺麗。ボク、ココに住みたいなあ」と感想を洩らす。明香里も「我が家に男性が来るのは久しぶりだわ」と嬉しそうだ。彼女の夫は出張が多く、ずっと娘と二人だけの生活なのだ。若い恋人同士は「私の部屋に行く?」「ウン、イチャイチャしたいね」とコッソリ語り合い、「ねえ、お母さん。貴弘、今夜泊めてあげていいでしょう?」と切り出す。母は「いいわ」と承諾しつつ、「でも貴弘クンと美穂は別々の寝室ね。お付き合いはしていてもまだ学生。それだけは許すわけにはいきません」と釘を刺した。しかし、これは彼女の策略だったのだ。娘と彼氏が楽しげに語らう中、美和は寝室にて「ああ、貴弘クン、可愛いわ」と巨乳を揉み、狂おしいオナニーに耽る。そして深夜、美穂が眠るのを待って、貴弘の寝室へと忍び込むのである。装いは紫のシースルー・ブラ&パンティというエロ下着だ。目覚め「えっ、お母さん、どうしたんですか!」と驚愕する娘の恋人に、「あのね、貴弘クン、私、こんなエッチな下着買っても、見てくれる人いないの」と女の寂しさを訴え、「美穂との仲は壊さないから」と四つん這いになってお尻をフリフリ誘惑。これには若い貴弘はタマらず、明香里の熟した肉体にむしゃぶりついていく。永野あかりさんは2020年8月『初撮り人妻ドキュメント』で初お目見えしたばかりの新人でこれが2作目。デビュー作でセンビレのスタッフをして「セックスの天才!」と言わしめた可愛いエロ奥様の、エッチなボディと淫乱さが炸裂する。

    28人


    AVライター 東良美季

    長身セクシー熟女のSM緊縛ハメられまくり変態調教

    高校生の聡は毎晩スマホでエロ動画やエロ写真を覗いては興奮していた。しかも彼には女性を縛って意のままにしたいという変態的な性癖があり、密かに荒縄まで購入していたのだ。しかし試させてくれるガールフレンドなどいず、かと言ってナンパなどとても出来ない小心者。欲望が爆発しそうになりどうしようもなくなったとき、ふと気づいたのが実の母・麻友子(岡村麻友子)だった。美人でスタイル抜群。しかも身内ならレ○プしても警察に捕まることはない、優しい母は許してくれるだろうという魂胆だ。夜中にソッと寝室に忍び込み、熟睡しているところをまんまと縛り上げてしまった。眼を覚まし、当然驚愕する母。「聡、何してるの!」と悲鳴を上げるところを、「母さん、ボク、女の人とシタくて仕方ないんだ。でも、彼女いないし」と乳房を揉み、むしゃぶりついた。「こんなことして、お父さんが知ったらただじゃ済まないわよ」と言われるも、「父さんは出張ばかりで帰って来ないじゃないか。母さんが寂しいのは知ってる、ボクが慰めてあげるよ!」と大股開きにさせ、パンティをズラして情熱的なクンニ、これには麻友子も我慢出来ず「アーン、ダメ、ダメ」と四肢を痙攣させて感じまくる。そう、母は父の長い不在で欲求不満だったのだ。2019年11月『初撮り人妻ドキュメント』でデビュー。今やセッタービレッジを代表する長身セクシー熟女、岡村麻友子がSM緊縛され、実の息子に犯されまくるという興奮必至の一作。聡を演じるのは人気の若手男優・優生。ベビーフェイスに似合わぬマッチョな肉体が、少年の変態ぶりを加速させてイイ味だ。

     
    39人


    AVライター 東良美季

    昼間は真面目なOL、しかし夜はM男を飼育するドS美女

    収録時間:214分。骨太な長編力作AVドラマである。2013年第二次安倍政権の「アベノミクス」から命名、デビューわずか半年で100本のAVに出演したといわれる阿部乃みくは、言わば「企画女優」からの勝ち上がり組。自身の強烈な個性とそれを支持するファンによってのみ7年間を駆け抜けた。そんな彼女が2021年1月末をもってAV女優引退を発表、同時にミリオンの専属になりこれが1作目。気合いも入ろうというもの。物語はこうだ。とある企業に途中採用で入社してきた27歳のOL・阿部乃みく。真面目でよく働き、機転も利く。そしてショートカットの美人。黒のビジネススーツ姿も決まっている。何より他の女性にはないクールでミステリアスな魅力を湛えていた。若手男優・ニック演じる若い課長は、彼女に否応なく惹かれていった。偶然二人切りで残業になったある夜、彼は思いきって食事に誘う。するとみくは「わかりました。でも私、課長のお宅へ行きたいです」と告げるのだ。若い女性がいきなり一人暮らしの男の部屋へ行きたいという。戸惑いながらも嬉しさが勝ち、彼は彼女を招きマンションの一室でビールで乾杯する。すると「課長、会社で私のこと、けっこうな頻度で見てますよね」とみくは彼の好意を見抜いていた。しかし「私に深入りしない方がいいと思いますよ。これは忠告です」とさらに意味深な発言。「好きなんだ」とキス。ブラウスのボタンを外し乳房に触れたときだった。「ちょっと提案なんですけど、今から少しだけ、私の好きにしていいですか」と彼女が突然切り出した。彼は「舌出して」と命じられ、全裸にされてビンビンに勃起したペニスをジラし責めされる。そう、みくは男をマゾ奴隷として扱うドS美女だったのだ。

    33人


    ナベ

    イケイケのルックスですが自称『ご奉仕型ドМ』だというギャル娘がデビュー。苦しいのがスキと自ら話すだけあってスパンキングでもイラマチオでも感じちゃうドМっぷりを見せてくれます。激しくするほどトロトロに陶酔していく反応の良さと表情の変化に興奮。自らずっぷり奥までくわえ込むストロークの長いフェラチオ奉仕も期待以上です。どんな男に仕込まれてハタチにしてこんなスケベになっちゃったんだろう、というところまで含めてエロいです…!小柄(150cm)で童顔でドМでギャルという居そうで居なかったニュータイプ!

     
    118人


    SOD女子社員 浅井心晴

    喜びと快楽と罪悪感

    AV界のトップクラスの演技は女優古川いおりさんのドラマもの!つぶれかけた老舗旅館の女将として絶望の淵にいるいおり。哀愁に満ちたその顔は悲しくもありもの独特の雰囲気のよりエロスを感じます!「哀愁とエロス」は紙一重ですね。
    そしてそんな弱みをつかみいいように使う客がが現れます。抵抗するも力及ばず犯されてしまう。そして言われるのです。「女将さんがこの体を使えばこの旅館を立て直せる」と…。
    最初は戸惑いながらも心を決め自分の体を売るいおり。最初は後ろめたさがありつつも途中からはサービスという奉仕の精神からか笑顔でさらにサービスは向上していく。
    旅館もにぎわい旦那との関係もよくなってきたところ。サービスはSEXにまで及んでいる。それでも辞められない…。もはや立て直しではなく自らの意思で淫乱女将として変化していくいおり。その笑顔と満足げな顔は既に性にどん欲な陰獣そのもの。激ピストン中出し!客の精子を搾り取るかの如く整った眉を寄せイキグルういおり。喜びと快楽と罪悪感勝つのは一体…。
    これはぜひ見てほしい作品です!

    115人


    AVライター 東良美季

    可愛い顔して性欲モンスター奥様

    藍川美穂さんは31歳の専業主婦。6歳の男の子のママでもある。「虫も殺さぬ」という言葉が似合いそうな可愛い顔して、実は性欲満載のエロ奥様だ。ご主人との夜の営みは週4回あるが、「出来れば毎日シタイです」と貪欲発言。なぜAVに? と問われると「主人、ちょっと小さいんです、オチンチンが」と満足出来ないご様子。趣味はプロレス観賞ということで、どうやら逞しい男性がお好きなよう。仕方ないので旦那さんには電マでクリちゃんを刺激してもらいながら、指マンで欲望を満たしているちのこと。「大きくて太い男性が理想です」とデカマラを求めてやって来た。ハダカになると贅肉の寸分もない美しいボディ。Dカップの乳房は釣り鐘型で、乳首がツンと上を向いて勃っている。性感チェックで大股開き、指を挿入すると早くもクチュクチュとイヤらしい音が出て、立位で奥まで探られると男優クンの二の腕までを愛液でビッショリに。四つん這いのスタイルでクンニされ、今度はベッドの外まで飛び出す場外ホームランの潮吹きを披露。甘えてキスを求める仕草も可愛く、男優クンの乳首から、シャフトだけでなくタマまで舐める旺盛なフェラチオ。お待ちかねのぶっといチ×ポをズッポリとハメられ「すごくいいです」と歓び、騎乗位では大胆なウサギ跳びスタイルで逆ピストン。バコバコとエッチな音を立てて「気持ちいいの」と御満悦。自らお尻を拡げてバックからのセックスもおねだり。最後は膣内にタップリ中出しで、「恥ずかしかったけど、楽しかったです」と嬉しそう。

    89人


    AVライター 東良美季

    韓流好きのロマンチック潮吹き熟女

    宇田川望美さんは47歳。パッケージを見ればわかる通り、清楚で知的な眼鏡美人である。結婚20年目の専業主婦。2人の息子さんは成長し子育ても一段落といったところ。ご主人との夜の営みは月に1度あるかないか。それでは少しも満足出来ないが、自分から誘うことはないという。浮気の経験もなく、トキメクことと言えば韓流ドラマがお好きで、画面の中で繰り広げられる恋愛にキュンキュンするだけとのこと。AVでやってみたいことはと問われても、「頭を撫でられてみたい」「甘い感じで抱きしめられたい」と、実に乙女な奥様である。ハダカになると47歳とは思えないスレンダーな肢体。くびれが素晴らしく、小さめだが形のいい乳房。お尻もツルツルでまるで20代のよう。おそらく息子さんとさほど歳の離れていないであろう若手の男優クンが登場。「緊張してますか?」と背後からギュッと抱きしめられると幸せそうな表情に。ご希望通り髪を撫でられ、首筋にキスされながら乳房を揉まれると、表情がどんどん輝いて美しくなる。ロマンチックな女性なのだ。ところが全裸にされ立位で膣奥まで探られる指マンをされると「えっ、何ンか出ちゃった」と初めての潮吹きを披露。ベッドインでは眼鏡を外して見つめ合い、まさに韓流ドラマ風のキス。顔面騎乗のクンニを誘われると次第に理性を失い「ああ、イク」と絶頂へ。愛情豊かなフェラチオから正常位でイン。ハメられると益々表情が輝くセックス美人。座位でキスを求めながらの腰振りもイヤらしく、ラストはタップリと中出し。膣からドロリと溢れ出すザーメンが迫力だ。

    65人


    AVライター 東良美季

    未亡人の母が出入りの酒屋にハメられてるのを目撃して

    父親が亡くなって一年、仕事が忙しくて帰郷出来なかった主人公の直人は、妻の恵美を連れて久しぶりの里帰りを果たす。意外だったのは未亡人になってさぞ寂しくしているだろうと思っていた母のひかり(東ひかり)が元気そうで、それどころか妙に色っぽくなっていたことだ。いけないと思いつつ母の入浴姿を覗いてしまう直人。その熟れた肉体に見とれてしまう。実は妻の恵美とは最近ご無沙汰だった。それは単純に中年期を迎え、自分の性欲が減退しているのだと思っていた。しかし違ったのだ。彼の下半身はその夜、眠れないほど勃起していた。翌日、ソファーで昼寝をしている母の姿があった。直人はソッとシャツを下ろし乳房を覗き、乳首に触る。それでも目を覚まさないので、スカートをまくり上げパンティをずらし、花園に触りながらオナニーに耽る。恵美の「直人クン、買い物に行くわよ」とという声で我に返った。夫婦が出かけてすぐ、酒屋の配達で目覚めるひかり。帰省した二人のためにワインを注文していたのだ。すると「息子たちいないのか、じゃあ」と彼女を抱きしめる酒屋の主人・源造。「ダメよ」と言いつつ応じ、玄関で舌を絡ませるひかり。そう、彼女の色気の理由はこれだったのだ。二人はそのまま寝室へ入り、全裸になって求め合う。するとそこに買い物に出かけたものの財布を忘れた直人が帰って来た。母のセックスを目の当たりにしてしまった彼の欲望はもう止められない。夜になって「俺、母さんが不倫してるの見たよ」と迫ってゆく。

    86人


    AVライター 東良美季

    初老男の老練セックスに溺れる欲求不満妻

    物語は色っぽい美人妻・佳純(池谷佳純)が、ダイニングテーブルを拭き掃除しながら出張中の夫と会話している場面から始まる。しかし様子が変だ。妙に声が裏返っている。彼女のムッチリしたお尻を、義父の透(小沢とおる)が舐めていた。やがて立ち上がりバックからズッポリとハメる。そこに佳純のナレーション。「このような醜態を晒しまして大変申し訳ありません。なぜ主人の父とこういう関係になったのかというと……」と説明される。結婚当初から出張の多い夫、夜の営みの少なさで満足出来なかった佳純は、密かに生活用品を配達してくれる営業マンの若者とのセックスを楽しんでいた。ほんの遊びのつもりだった。もうやめなくてはと思っていた矢先、普段は昼間町内会の集まりでいない義父が、突然中止になったとかで戻って来た。そして息子の嫁の痴態を目の当たりにしてしまうのだ。平身低頭で謝る佳純。「どうかあの人だけには内緒で」と懇願すると、透はあっさり「いや、息子には黙っておきます」と約束。それどころか「せっかく嫁に来てくれたんだ。こんなつまらないことで出て行って欲しくはない。この家にずっといてもらえませんか」と優しく持ちかけるのだ。しかしそれが義父の魂胆だった。「その代わり」と抱き寄せ、「私の相手をしてください」と迫る。「佳純さんは欲求不満で、あんな若僧とセックスしたんですよね。すべては息子の出張が原因だ。私に償いをさせてください」と。戸惑う佳純に透はニヤリと笑ってこう付け加える。「それに、ジジイのチ×ポは若い連中より美味しいですぞ」と。佳純は理性が壊れ、初老男の老練なセックスに惹かれる自分を抑えられなかった。

     
    29人


    AVライター 東良美季

    偶然の再会に熱いセックスに燃えた若き日々が甦る

    かつて結婚に失敗した男女。女は年下の夫が頼りなく、男は姐さん女房よりも若い女を求めた。しかし時が過ぎて、という物語。夫婦の寝室、ネグリジェ姿の百合子(水嶋百合子)は肌に入念にクリームを塗り、「ねえ、あなた今夜どう?」と傍らの夫を誘う。しかし彼は「今月はもう2回しただろう? 決めたことは守ってくれよ。こっちは仕事で疲れてるんだ」とつれない。一方、主人公の博人は朝の出勤前。腹ばいになってスマホゲームに夢中の若い妻に向かい、「なあ、ゲームしてる時間があるなら朝飯くらい作ってくれてもいいだろう」と愚痴るも、「ウザ、空気読めよ」とひどい言われよう。再婚して2年だが、彼女はゲーム依存で家事を放棄。しかし彼らの暮らすマンションは結婚前に妻が彼女の両親に買ってもらった物件で、「私は強く言えないでいた」と説明される。その日の夕方仕事を終えた博人は、出がけに妻が「アタシ、今日は飲み会だから」と言っていたこともあり、コンビニで酒とツマミなどを買って家路をたどっていた。すると向こうから歩いてくる百合子と出会う。9年振りの再会だった。お互い再婚していることを初めて知る。博人は「せっかく偶然こうして会えたんだから、僕の家に来て少し話さない? 妻は留守だから」と誘う。元々世話女房だった百合子はゲーム三昧で荒れ放題の部屋も片付けてくれて、二人はビールで乾杯。「あの頃は喧嘩もしたけど、楽しかったな」と語り合う。「百合子、相変わらず綺麗だな」と言われ顔を赤らめるかつての姐さん女房。「俺たち色々あったけど、身体の相性はよかったよな」と熱いセックスに燃えた若き日々が甦り、二人は自然に身体を重ねていった。

     
    48人


    AVライター 東良美季

    ムッチムチの肉体でマッチョ男優を味わい尽くすレジェンド熟女

    レジェンド熟女・翔田千里さんの放つ、匂い立つエロスと欲望が存分に味わえる迫力の一作である。ヒロイン・千里(翔田千里)と拓也は仲のいい愛し合う夫婦だった。その夜もいつものように食事をしながらテレビを観て笑い合った。ところが直後、拓也が「お腹が痛い」と言い出し病院へ。診断は劇症肝炎。わずか一週間で息を引き取ってしまった。悲しみにくれる千里は義弟・隆史のなぐさめにも癒されることなく、孤独な日々を送ることになる。ところが二年後、かつて拓也に世話になったという人物が弔問に訪れる。陽に焼けて逞しい肉体をしているその男は北海道で漁業に携わっていると語り、数年前、資源研究のため船に乗ったとき親しくなったのだという。演じるのは業界でも一、二を争うマッチョ男優の黒沢透。Tシャツを突き破らんが如きの胸襟や丸太のような二の腕からは、強烈なフェロモンを発散している。「雄だわ、雄の香りが漂ってくるわ。漁師のペニスってどんなのかしら?」と思わず想像してしまう千里。「いけないわ、私ったら、何を考えてるのかしら」と心の中でいさめながらも、男が「では失礼します」と立ち去ろうとすると「待って!」と腕を掴む。「身体が熱いの、あなたのせいよ」と唇を求めた。そう、夫を亡くした悲しみで抑え込んでいた彼女の淫乱な肉体が今、どうしようもなく目覚めたのだ。ココから約40分間続く二人の肉弾セックスはまさに圧巻。ムッチムチのバストを揉まれ野太い指で指マン。「ああ、何、これ!」と吹き出す大量の潮。特に黒沢の鍛えあげられた肉体をチンぐり返しの体勢にして、強烈な逆ピストンを見せる翔田さん、ナンバーワン熟年AV女優の真骨頂だ!

    16人


    AVライター 東良美季

    借金返済の変態輪姦パーティで顔面発射三昧

    2010年にアリスJAPANから若妻系AV女優としてデビューした織田真子ちゃんも今や36歳。ムッチムッチなボディはそのままに、イヤらしいフェロモンが匂い立つ熟女さんになった。そんな彼女が大人数の変態男どもに●辱の限りを尽くされるドラマ。物語はとある夕暮れ、人妻の真子(織田真子)が買い物から帰宅する場面から始まる。マンション前には掃除をしている管理人の中年男。携帯電話で何やら謝っている。どうやらギャンブルで出来た借金がかさみ、追い込みをかけられているようだ。「おや織田さん、今お帰りですか」「ええ、主人が今日から一週間出張なので」という会話から悪事を思い付く。場面変わると薬でも盛られたのか、管理人室で気絶している真子。「なかなかの上玉じゃねえか」と満足げに笑う闇金業者は、「俺は味見しとくから、お前は金持ってそうな変態集めとけよ」と襲いかかる。ココで見られる織田真子さんの肉体が素晴らしい。まるでゴムマリのような張りのいいオッパイはHカップだが、身長155センチで小顔でもあるので、何倍も巨乳に見える。無理矢理しゃぶらせパイズリを強要、「やめて、それだけはお願いと」哀願するところをバックからブチ込んだ。そしていよいよクライマックスの集団●辱。借金返済の会費を募った輪姦パーティだ。まずは管理人がしゃぶらせ衆人環視のフェラチオショー、それで興奮した男たちがチ×ポをオッ勃てて連続フェラチオの顔面発射で可愛い顔はザーメンだらけに。6つのローターで乳首をジラシ責めに、電マ2本で両の巨乳責めからバイブ2本でクリトリスとオ××コ同時責め。貞淑な人妻だった真子も、やがては「気持ちいい、もっと!」と狂ってゆく。

    32人


    AVライター 東良美季

    元レースクイーン、今注目の熟女新人女優!

    2020年8月プレステージから『KANBi史上最高にエロい人妻
    熟れムチGカップ
    39歳』でデビューした池谷佳純さん。元レースクイーンでバストはGカップ、プライベートでは人妻ながら本命の彼氏1人とセックスフレンド5人を常備、多人数の乱交パーティーにも定期参加中という、今最も注目の新人AV女優だ。物語は「結婚して10年。これまで何不自由なく過ごして来ました。喧嘩もなく夫も大事にしてくれて幸せな日々」というヒロイン・佳純(池谷佳純)のモノローグから始まる。晩酌中の夫・力哉、家事が終わり「私も一杯もらっちゃおうかな」と杯を交わす妻の佳純。穏やかな風景である。しかし独白は「でも、私のカラダには異変が起きていたのです。40歳を過ぎてから、夫とのセックスに物足りなさを感じるようになったのです」と続く。それでも平凡な日常が続くはずだった。しかしある日、力哉が部下の内村を連れて帰宅したことから思わぬ方向へ。料理上手な佳純は丹精込めた夕食でもてなし、内村も多少お調子者な一面はあるが明るい若者で楽しい時間が過ぎる。酒は好きだが弱い力哉は酔いつぶれてテーブルに突っ伏し寝てしまい、内村は「部長が羨ましいです。佳純さんはこんなにお料理が上手だし、何より美人なんでびっくりです」と告げる。「こんなオバサンに何言ってンの」とかわすものの、まんざらではない佳純。「いやマジです。だってオレ、佳純さんを初めて見たときからムラムラしてしてるっす」と言われた途端、身体に電気が走った。つい「じゃあ、どれくらい興奮してるか見せてよ」と思わず言ってしまう。内村は立ち上がってズボンを下ろし見せた。その若くて元気なそそり勃ちに、佳純の理性は崩壊してゆく。

    180人


    ナベ

    微美乳美少女!

    かっ可愛いっ!文句なしのロリかわフェイスとスレンダーすぎる引き締まった華奢な身体。可愛らしく膨らんだ乳房の先の小さめ乳首もキュートでこれは微乳と同時に美乳であると言ってよいでしょう!やや控えめな反応も自然でイイですよ!笑顔や恥じらう表情はパッケージ以上にカワイイ!ルックスがタイプでしたら激オススメ。

    最新作みさき 
     
    127人


    ノリスケおじさん

    一見豪快で強気な女の子で男を抱くようにセックスしているけど、行動の節々に情に厚く思いやりのある部分があって、その隠れた表情に胸キュンです。って考えすぎかな?いやでも俺はそう思ってちんちんを固くしてるのでそれでいいのだ!

     
    170人


    AVライター 東良美季

    巨乳ムッチリボディのファストフード店長奥様

    冒頭のイメージシーン。縦編みニットから覗くはち切れんばかりの巨乳と、ジーンズに包まれたムッチムチのボディから早くも興奮必至。大町なつみさん40歳、結婚15年目の美人奥様。インタビュアーが「素敵な笑顔ですね!」と言うがそれもそのはず、彼女は「スマイル0円」でお馴染み某有名ファストフードの店長なのだ。学生時代からアルバイトで働き、当時上司だったご主人と結婚。ちなみにご主人の方は現在エリアマネージャーに出世。しかしそんな共働きの忙しさが災いし、最近は夫婦仲がかんばしくなくセックスレス。こんなに真面目そうななつみさんだが、独身時代は遊びで付き合ってたボーイフレンドに誘われ、彼の男友達を交え3Pの経験もあり。最近も若いバイトの男の子とイイ雰囲気になって、閉店後の店内で数回ズコバコ楽しんだとか。脱ぐとかすかに垂れ始めた、まさに「熟れ頃」のオッパイが素晴らしく、大きなお尻も魅力的だ。全裸で大股開き、クリトリスをイジられると「嬉しいです!」とまた笑顔。感じれば感じるほど綺麗になっていくセックス美人だ。ベッドインでは奥まで探られる指マンでシーツはびっしょり。「膣がいちばん感じます。激しく突かれたいです」と言っていただけあって、正常位で抱かれると即「イク、イク」と絶頂に。騎乗位でもバックでも「アーン、気持ちいい、イクイク」。最後は「気持ちいい」を連発しながら「イッちゃう、イクイク、イッちゃう」と男優クンと同時イキ。膣内にタップリとザーメン中出しの大満足。

    107人


    AVライター 東良美季

    昭和の綺麗なお母さん風美女の魅せる露出羞恥+3P乱交

    2020年10『初撮り五十路妻ドキュメント』でデビューしたばかりの生野光代さんは51歳。結婚23年目の専業主婦であり、20歳と18歳の息子さんを育てあげた良妻賢母でもある。本日のお召し物も地味なワンピースで、昭和のテレビドラマに出て来る綺麗なお母さんという雰囲気だ。しかしあろうことかそんな清楚な奥様に、センビレスタッフはバイブ挿入装着具を付けさせ電振動を作動させたまま、ご自宅からスタジオまで呼び出すのである。「電車で来たんですけど、周りの人に音が聞こえたらどうしようと思いました」と、頬を赤らめながらも興奮のご様子。「もうグチョグチョになってます。早くイキたいです」と上品な顔に似合わぬドスケベ発言も飛び出す。スタジオに入ると若手マッチョ男優・優生クンに乳首を摘まれバイブ責め、「アーン、いい、こんなのダメ」と全身を痙攣させて歓び、30センチはあろうかという巨大ディルドを見せつけられると、「こんな大きくて長いの入らない~」と言いつつズッポリ受け入れてしまう。その後はセクシーな黒のブラ&パンティに着替え、指マンで潮を吹かされ、シックスナインからの本番でタップリ抱かれる。中盤にはお風呂場でのフェラチオ+顔面発射を挟み、いよいよクライマックスの3P初体験へ。優生とベテラン中年男優のコンビ。両側から乳首を舐められ、チ×ポを握りながら交互フェラにチ×ポしゃぶりつつお尻から指マン。2本のそそり勃ちを貪欲に頬張るWフェラ、前から後ろから同時に責められ、最後は2連続中出しで大量ザーメンを膣内に受け入れた。

    140人


    AVライター 東良美季

    滝沢カレン似ハーフ系超美女の淫乱お祖母ちゃま

    祖母と孫の淫行! 時代はココまで来たかという驚きもあるが、こんなに綺麗なお祖母ちゃま相手なら、どんな童貞少年だって歓んで筆下ろししてもらうだろう。鶴川牧子さんは53歳。2020年9月『初撮り五十路妻ドキュメント』でデビューしたばかりの本作が2本目。滝沢カレンが熟女になったようなハーフ系超美女だ。結婚前はモデルをやっていて、現在も週3回のジム通いを欠かさないというからスタイルは抜群。結婚30年目で3人のお子さんは既に全員独立しているというから、祖母という設定も決して無理はない。物語はヒロイン牧子(鶴川牧子)の家に、孫の和彦が泊まりに来る場面から始まる。本来なら両親と一緒のはずだったが、父が急に仕事になり、夫を放っておけない母も自宅に留まることになった。高校生になってラグビーを始めた和彦に、牧子は「まあ、逞しくなって」と驚きを隠しきれない。「お祖母ちゃんもいつまでも綺麗で」と言われると、「そう言ってくれるのは嬉しいけど、〈お祖母ちゃん〉という呼び方はイヤかな」と女の部分が出る。「牧子ママと呼んで」ということになり、彼女も孫を「和彦さん」と呼ぶ、まるで恋人同士のような生活が始まる。事件が起きたのは昼食の後だった。お椀を持って立ち上がった牧子はつまづいて倒れそうになる。和彦は即座に反応し彼女を助け、そのままお姫様抱っこでソファーに運んだ。そのとき、こぼしたスープで和彦の股間が濡れた。「お洗濯したあげるからシャワーを浴びてきたら」と牧子。そして彼女は着替えとタオルを持って浴室へ向かったとき、和彦の男らしい肉体、そして雄々しく屹立するペニスを見てしまうのだ。するともう、理性を抑えることは出来なかった。

    1,980円~P20倍

    ソクミルスタッフ厳選!スタッフがおすすめするアダルト動画

  • FALENO star の新着情報

  • SODクリエイト SODが全国から集めた本物人妻

  • SOD女子社員 の新着情報

  • SOD女子社員 の新着情報

  • SOKMIL

  • SOKMIL 【ガチな素人】 の新着情報

  • SOKMIL ○○の極上筆おろしの新着情報

  • SOKMIL OL の新着情報

  • SOKMIL SODが全国から集めた本物人妻 の新着情報

  • SOKMIL SODクリエイト の新着情報

  • SOKMIL SOD専属AVデビュー の新着情報

  • SOKMIL イケメン持ち帰りSEX の新着情報

  • SOKMIL ギャル の新着情報

  • SOKMIL ザ・ナンパスペシャル の新着情報

  • SOKMIL ザ・面接 の新着情報

  • SOKMIL デビュー作 の新着情報

  • SOKMIL デリヘル の新着情報

  • SOKMIL ファーストスター の新着情報.

  • SOKMIL ぶっかけ の新着情報

  • SOKMIL プレミアム の新着情報

  • SOKMIL マジックミラー号 の新着情報

  • SOKMIL ロリ系 の新着情報

  • SOKMIL 人妻ナンパ の新着情報

  • SOKMIL 処女 の新着情報

  • SOKMIL 初撮り人妻ドキュメント の新着情報

  • SOKMIL 女子校生 の新着情報

  • SOKMIL 寝取り・寝取られ・NTR の新着情報.

  • SOKMIL 推しっ子じっくり!ミラー号 の新着情報

  • SOKMIL 新・絶対的美少女、お貸しします。 の新着情報

  • SOKMIL 最高の愛人と、最高の中出し性交。 の新着情報.

  • SOKMIL 歌舞伎町整体治療院 の新着情報

  • SOKMIL 熟ズボッ! の新着情報

  • SOKMIL 熟蜜のヒミツ の新着情報.

  • SOKMIL 白衣・ナース服 の新着情報

  • SOKMIL 禁断介護 の新着情報

  • SOKMIL 筆おろし の新着情報

  • SOKMIL 素人 の新着情報

  • SOKMIL 美乳 の新着情報

  • SOKMIL 美少女 の新着情報.

  • SOKMIL 芸能人 の新着情報.

  • SOKMIL 近親相姦 お母さんに膣中出し の新着情報

  • SOKMIL 近親相姦 の新着情報.

  • SOKMIL 騎乗位 の新着情報

  • SOKMILイケメン持ち帰りSEXの新着情報

  • Uncategorized

  • センタービレッジ 初撮り人妻ドキュメント

  • ソクミル熟女支店 熟蜜のヒミツ
  • SOKMIL

    Posted by admin